JR筑肥線に2019年春、新駅「糸島高校前」駅誕生!

  • LINEで送る

糸島は博多天神にも出やすく、おとなり佐賀県の唐津にもすぐ行ける。
これは車だけの話ではなくて、電車でも行けるというのが糸島生活のメリットのひとつと言えます。


糸島を走るのはJR筑肥線
姪浜駅から佐賀の伊万里駅までを結ぶ路線です。
踏切の多い糸島では、田園風景を走るこの車両もまたひとつの景色になっています。

空港まで乗り換えなし!

福岡市地下鉄空港線との相互直通運転をしているので、本数は限られますが空港まで1本で行けるというのがとても便利。
当然、博多天神にもこの電車で出られます。
福岡市内から移住してくる人も多いわけですね。

新駅誕生!

そんなJR筑肥線に2019年春、新駅が誕生することになりました。
場所は筑前前原駅と波多江駅のちょうど中間地点あたり。
住所だと糸島市浦志になります。

工事をしていたので新駅ができるのは知っていましたが、先日ついに「糸島高校前」駅という名称が発表されました。
ちなみに「糸島」というワードが駅名に入るのは初めてのこと。

筑前深江駅もきれいになったばかり(駅前広場はまだ工事中。過去記事参照)です。
旧駅舎がどうなるのか気になってはいますが、筑前前原駅付近には新しいお店が増えてきています。
このエリアがジワジワと盛り上がってきているのを感じますね。

糸島というと車で来ないとその魅力を感じづらいエリアです。
でもこうしていくつかの駅前が盛り上がってくると、気軽に電車で来る人も増えるのではないでしょうか。

交通の便UP

ちなみにこの糸島高校前駅の近くには以前こちらでも記事に書いた、天然パン工房楽楽があります。
電車を利用するとなると前原からも波多江からも微妙に遠い…という位置だったので、これで行きやすくなるのは嬉しいです。
なにより、糸島高校に通う学生さんにはかなり嬉しいニュースですよね。

この新駅「糸島高校前」駅をきっかけに、街がどう変化するのか楽しみです。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA