糸島めぐり〜白糸の滝と不動明王〜

  • LINEで送る

糸島の観光名所のひとつが、福岡県指定の名勝にもなっている白糸の滝。羽金山の中腹に位置します。
道すがらお猿さんに遭遇。これだけの自然です、そりゃいますよね。
どうやらイノシシもいて、最近は農家さんを悩ませていると聞きます。

駐車場に停めて車から降りると町を見下ろすいい眺め。四季折々の景色が良さそうなところです。
少し歩いていよいよ滝とご対面。その落差は約24メートルあり、間近に見るとなかなか迫力のある美しい滝です。
寒い時期も風情がありますが、夏は涼しくて良さそうですね。その頃にはたくさん植えられている紫陽花もきれいでしょうね。
私たちが行ったのは少し前になりますが、今は恐らく雪景色ではないかなと思います。

四季の茶屋という郷土料理のそうめんちりやヤマメなどが食べられる休憩スポットもありました。
寒い日の微妙な時間帯だったので入りませんでしたが、夏はそうめん流しやヤマメ狩りなんかもあるみたいなので、賑わうことでしょう。

滝の脇に仏像らしきものが見えたので調べてみたところ、不動明王のようです。
なぜ不動明王かといえば、河の水に入って念ずると不動明王の功徳を得ることができる、と考えられていたため、それが滝行と結びついたのだとか。
各地の滝のそばに不動明王が多く見られるのは、そういう理由からなんですね。

それにしても、車で気軽に行ける距離にこれだけの滝があるというのは不思議な感覚です。
よく言われることですが、糸島はつくづく暮らしとレジャーの距離が近いなと感じます。

ちなみにこの近くには有名なかき氷屋さん村上家本舗があります。
ハイシーズンは大混雑で、並んだ挙句に食べられない、ということもあるとかないとか。
食べてみたいですが極度の寒がりなので、混雑する気温の高い時期に来るしかないですね。
ということで次は少し暖かくなる頃にまた来てみようかなと思います。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA