糸島は新緑の季節。麦畑を見て思い出すもの3つ

  • LINEで送る

GW、糸島は雨が降ったり風が強かったりしましたが、そこそこ晴れ間もあり。
新緑の季節で山が青々として美しいです。
しかし美しいのは山だけではなく。今の糸島はあちこちが花盛りです。

伊都菜彩などでお花を購入するのも楽しいですが、あちこちに植えられた花や野の花が美しい季節。
目を奪われ、ついつい立ち止まってしまいます。

シロツメクサはいろんな所で見掛けます。
子どもの頃、これで王冠を作って遊んだのを思い出します。
作り方、忘れちゃったなぁ…

そしてこの季節に美しいものと言えば、麦畑です。
風の強い日、金色に波打つ様子の素晴らしいこと。

麦畑、結構あちこちで見掛けます。
糸島産の小麦を使用しているパン屋さんも多いはずですね。
毎年こういう光景が見れるなんて嬉しいな。

さて、世代だと思うのですが、この光景を見て思い出した漫画が3つ。
昔読んだものの影響ってすさまじいですね〜。

風の谷のナウシカ(宮崎駿)

言わずと知れた名場面、「その者青き衣を纏いて金色の野に降り立つべし…」
ジブリの宮崎駿作品はみんな好きですが、ナウシカは特別に思い入れがあります。
なので唯一原作漫画もDVDも持っています。

僕の地球を守って(日渡早紀)

登場人物のつらい幼少期の回想の中で、唯一幸せだった頃の記憶に麦畑が登場します。
その場面を思い出すと何とも切ない気持ちになります。
続編は読んでませんが、この最初のシリーズは好きで何度も読み返したものです。

OZ オズ (樹なつみ)

こちらは、世界戦争で荒廃した地球が舞台の作品。
そんな環境で、主人公がいつか見てみたいと語ったものが、一面の麦畑でした。
最後の最後にすごく印象的にその光景が登場して、思い出すだけでキュンとします。

書いていたら全部読み返したくなってしまいました。
ナウシカ以外は移住に伴い処分してしまったんですよね…ちょっぴり後悔。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA