糸島のおいしいもの〜そうめんちり〜

  • LINEで送る

親戚が福岡にいるからか、なんでか聞いたことがあった「そうめんちり」。
言葉を聞いて、大体どんな料理かも浮かびました。
「そうめん」とちり鍋の「ちり」なので、なんとなく想像がつく方もおられるかもしれませんが。
東京出身のダンナはどんな料理か検討もつかなかった様子。

福岡の郷土料理なんだろうと思いきや、福岡出身の友人に聞いても知らず。どうやら糸島の名物なんですね。
画像はおまつりで出会ったそうめんちり。この地域のソウルフードと言われるだけあって、冬の行事だとよく見掛けます。
そうめんちり祭りなんていうのもあったようです。

どんな料理かというと、すき焼きのような甘めのおつゆに、白菜などの野菜や豆腐、鶏肉、そしてそうめんが入ったもの。
昔は砂糖は贅沢品だったので、甘い味付けの料理はご馳走です。なので、晴れの日に食べるものだったとか。
寒い日にあたたかいそうめんちり、甘めのおつゆでほっこり幸せな気持ちになります。
ダンナは九州の味付けは何でも甘いな〜なんて言ってましたが、私はとっても好きな味。今度自分で作ってみよう!
こうした食文化の違いに触れるのも、移住の楽しみのひとつかもしれませんね。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA