福岡最古!老舗喫茶店「ブラジレイロ」で洋食ランチ

  • LINEで送る

糸島にいてもたまに天神までは出ますが、その先の博多まで足を伸ばすことは少ないです。
博多の方まで行ったら絶対に行こうと心に決めていたお店が、この「ブラジレイロ」。
福岡最古の喫茶店と言われているお店です。

オープンは昭和9(1934)年

元々はブラジルのサンパウロ州が、ブラジルのコーヒー豆を普及させるためにいくつか開店させた内の1店がこの「ブラジレイロ」でした。
昭和9年にまず東中洲にオープンし、その後に今の場所、祗園駅の近くに移転しています。
当時はかなりハイカラだったのでしょうね〜。

木がメインの落ち着いた店内

老舗らしい昭和感は漂わせながらも、清潔感あるきれいで落ち着いた店内です。
今回は2Fに通されました。螺旋階段を上がります。
客層は幅広く様々なお客さんが寛いでいて、お店の懐の深さを感じさせました。

歴史を感じさせる写真やポスターが飾られています。
和装の写真とアルファベットの並ぶポスターの組み合わせが渋いです。

洋食ランチは売り切れ続出

この日のランチは少し遅くなってしまって13時頃にお店に着いたのですが、なんとハンバーグ以外すべて売り切れでした!
そこまで調べていなかったので、びっくり。

個性的な形のメンチカツが食べたかったのですが、ハンバーグも好きなので良しとします。
ほかにもキーマカレーやオムライスなどがあります。

お味はというと、珈琲メインの喫茶店らしからぬ本格的な洋食です。
添えてある人参グラッセにマッシュポテトなども、ちゃんとしてます。
しっかりめの味のデミグラスソースに、ふんわりしたハンバーグ、そしてなんと和からしトッピング!

和からしとデミグラスソースって、合うんですね〜。
これまた驚きでした。

食後は自家焙煎珈琲

食後にはもちろん珈琲が付きます。
いつもブラックなので「珈琲にクリームは入れますか?」と聞かれて「いらないです」と答えました。

が、こちらもまたホイップクリームなんですよね〜。
以前の庵道珈琲(過去記事参照)もそうでしたが、福岡はこのスタイル多いです。
隣のテーブルの方は別で付いてたので、後から断って失敗したなと思いました。
次は別で出してもらえるように注文しようと思います。

お値段はこれでランチタイムには1,110円です。
お味から考えると全然安いと思います!
ほかのメニューには1,000円でお釣りがくるものもありますよ。

時間帯別メニューが気になる

お腹いっぱいになってお店を出ると、メニューが差し替えられていました。
アフタヌーンセット気になりますねぇ。モーニングもやってるみたいです。
ちなみにほかの席の方が頼んでいたアイスカフェオレ?もとっても美味しそうでした。
メンチカツのリベンジもしたいので、また来ます!

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA