福岡三大祭りのひとつ「筥崎宮放生会」

  • LINEで送る

福岡のお祭りといえば、博多どんたく、博多祗園山笠、そしてこの「筥崎宮放生会」です。
お店がたくさん出て楽しいよ、と地元の方から聞いていたので、東区にある神社「筥崎宮」へと出掛けてみました。

そもそも放生会とは?

放生会とは、秋の実りに感謝する収穫祭という一面もありますが、生命を慈しみ殺生を戒めるお祭りです。
福岡では「ほうじょうや」と読みますが、他の地域では「ほうじょうえ」とも言います。
筥崎宮放生会は、なんと千年も続いているそうです。

まれに見る規模のお祭り

何がすごいって、その規模です。
歩いても歩いてもお店が立ち並んでいて、人出も多く大賑わいでした。
この盛大なお祭りが、毎年1週間(9月12日〜18日)も開催されているのです。

放生会名物

ちょっと珍しいお店には大体「放生会名物」と謳われていました。
この「かにつり」もそのひとつ。
確かに金魚はよくありますが、かには珍しいですよね。

写真だと分かりにくいですが、結構大きいです。
小さい沢ガニみたいなやつかな?と思いきや、大人の手の大きさくらいはあってビックリ。

お決まりの金魚すくいもこの規模です。デカイ!
その奥にはなんと「うなぎつり」が!釣ったうなぎは蒲焼きにしてくれるという手厚さ!
射的のお店も何軒も何軒も連なっていましたし、とにかく驚きの連続でした。

放生会名物・新しょうが

何か緑のものを持っている人がチラホラ…何だろう?と思っていると、これでした。
「放生会名物新しょうが」です。
昔は箱崎でしょうがをつくる農家があって、お祭りの時に新しょうがを並べたことから定番になったそうです。
青々とした葉のついた状態のしょうが、なかなかお目にかからないので新鮮ですよね。

まるで昭和!見世物小屋ゾーン

一番驚かされたのは、この見世物小屋ゾーンです。
お化け屋敷に見世物小屋、ゾンビ村と、遊園地ばりのアトラクションが並んでいました。

しかも呼び込みアナウンスをどこも人がやっていて、中でもお化け屋敷の呼び込みは年季の入りようが半端なかったです。
昭和のお祭りってどこもこんなだったのかな〜と想像を膨らませてしまいます。

殺生を戒めるお祭りなのに、この下手物感がとにかくすごいです(笑)
来年はどれかに入ってみようかな〜。
お子さん連れには超おすすめです。

参拝を忘れずに!

なんだかんだ飲み食いしながら1時間以上も楽しんでしまいました。
もっといろいろ食べたかったけど、残念ながらお腹いっぱいになってしまいました。
参拝するには行列してますが、遊ばせてもらうだけというわけには行きませんので並びます。
放生会はあらゆる生命に感謝を捧げ、商売繁盛・家内安全を祈る神事ですからね。

見上げればうろこ雲。すっかり秋の空です。
来年もまた必ず来たい、楽しいお祭りでした。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA