今年でなんと26回目!元祖野外フェス「SUNSET LIVE 2018」

  • LINEで送る

今年でなんと26回目となる野外フェス「SUNSET LIVE」は、その歴史からしても野外フェスの元祖といっても過言ではありません。
そんなフェスが糸島で開催されているなんて、正直驚きです。

せっかく糸島に移住してきたのですから、行かない手はありません。
というわけで、しっかり9月1日のスケジュールを空けておいたのですが…
天気がメチャクチャ悪いではないですか。

雨のSUNSET LIVE

2日目はいいお天気でフェス日和だったようですが、残念ながら私たちは初日だけしか予定に入れておらず。
雨の中、はじめての「SUNSET LIVE」を楽しみました。

会場は芥屋ビーチのあたり一帯で、筑前前原駅から予約制のシャトルバスが出ていたりします。
駐車場はありますが数が限られるので、もし車で行くなら早い時間から参戦することをおすすめします。

ほどよいサイズ感の野外フェス

行ってみて感じたのは、思った以上にビーチの目の前!というロケーションの素晴らしさです。
それから、会場全体のほどよいサイズ感。
フェスというとガッツリ歩かされるイメージだったのですが(フジロックもサマソニも、会場が広い!)この「SUNSET LIVE」はさほど広くないので会場内の移動がとてもスムーズです。

かといって狭過ぎるわけでもなく、海の家も会場内にありますし飲食店ブースもなかなかの充実ぶりでした。
ステージもいくつかあるし、ゆるりと楽しむフェスとしては理想的なサイズ感ではないでしょうか。
これで晴れていればなぁ…とは思いましたが、それはそれで割り切ってしっかり楽しむことができました。

ラストは石野卓球

ラストは石野卓球電気グルーヴ)のDJで、この時間には雨も止み…と言いたいところですが、途中からまさかの本降りに(笑)
雷まで時折ゴロゴロ光るような天気でしたが、お客さんはみんな雨に濡れながら楽しそうに体を揺らしていました。

ちなみにライブ自体は20時までで、深夜は何もありません(近くに住宅もあるのでその配慮のため、終演が早いのだと思います)。
18時以降のみ入場できるナイトパスもありましたよ。

クライマックスでは花火もあがって、いかにも夏の終わりという雰囲気。
来年はお天気に恵まれますように!

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA