ジブリの大博覧会が福岡に来た!

  • LINEで送る

移住前に東京・六本木ヒルズで行った「ジブリの大博覧会」。
何やらパワーアップして福岡に来てるとのことで、また行くことにしました。

空への憧れ

平日だったのと、会期終盤(6月23日まで)というのもあり並ばずに入場できました。
それでも、以前ほかの展示を見に来た時と比べたらかなり人は多かったです。

東京展でも感じましたが、空への憧れが強く出ている展覧会だなと。
造作物のなかでも印象的なのはエントランスの飛行船。
こんなのよく作ったな~と、東京で見た時と同じ台詞をダンナとしみじみ口にしました。

 

ナウシカにラピュタ、紅の豚、風立ちぬ。
「飛ぶ」ことは物語に欠かせないテーマでしたし、この展示では改めて、その詳細な設定に驚かされましたね。

圧巻の“王蟲の世界”

さて東京展から何がパワーアップしたのかといえば。
「風の谷のナウシカ」の世界観を体感できる、“王蟲の世界”が加わったのです。
これがもう、足を踏み入れた瞬間に「うわ・・・すごい・・・」と思わず息を呑む素晴らしさ!

あ~写真撮りたかった!
どんな感じか知りたい方は「ジブリの大博覧会」HPに画像が1枚ありますので、見てみて下さい。

この巡回展が終わったら、三鷹の森ジブリ美術館に行くのかな?
永久保存版のクオリティでしたので、ぜひ常設展示して頂きたいです!
ちなみに福岡の次は沖縄県立博物館・美術館で7月13日~9月8日まで開催だそうですよ。

すべてはナウシカから・・・

 

あれから改めてナウシカの原作を読み直しています。
うちにあるのは通常版なのですが、豪華装丁本バージョンも欲しくなってしまいました~。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA