まるで熱帯…気候変動による水害に晒される福岡

  • LINEで送る

台風が去ったと思ったら、記録的大雨がやってきました。
糸島も、市内全域の土砂災害警戒区域に避難勧告が出ています。


携帯電話から警報音が鳴り響くのは、本当に心臓に悪いです。
うちは土砂災害警戒区域には入っていないのですが、今頃市内のいたるところで避難されている方がいると思います。

気候変動に晒される

記録的大雨とは、本来であれば数年に一度の珍しい現象であるべきです。
ですが、九州北部豪雨から1年のこの時期に、また同じような記録的大雨になっています。
昨年被害に遭われた方は、不安な気持ちで過ごされていることでしょう。

自然と共にあるということ

糸島は海も山もある自然豊かな地域です。
それはつまり、裏返せば自然災害のリスクも高いということ。

ここ数年の世界的な気候変動を考えると、今後もそのリスクは常にあると意識することが求められます。
恐らくこのような水害はこのまま減ることはないでしょう。

命をどう守るか

まずは自分の住む地域がどんな場所なのかを認識しておかねばなりません。
ハザードマップを見ておくことは大事です。
そして一番近い避難所の場所も確認しておきましょうね。

防災グッズの確保

福岡に限らず、もはや自然災害は他人事ではありません。
何かあった時のための防災グッズは用意しておいた方が良いですよね。
今はいろいろ充実してますので、自分の状況に合うものを常備しておくと安心です。

水の確保もかなり大事です。
こちら” rel=”noopener” target=”_blank”>こちらは10年保存可能なので、購入しておくとしばらく安心ですよ。
熊本地震の時は、あんなに水源のある水の豊富な地域でも飲料水の確保が厳しくなったところがあったようです。

はじまっている気候変動

既に気候は変動しはじめていて、これから自然災害は避けられないでしょう。
何か起きた時に自分の命をどう守るか、考えておく必要がある時代になりました。

今も強い雨が降り続けています。
このような機会は自分の防災の意識を確かめる1日にしたいですね。
被害が起きませんように。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA