おにぎりがおいしそう!映画「南極料理人」を観た

  • LINEで送る

2009年公開の「南極料理人」を観ました。
実は映画館でも当時観たのですが、飯島奈美さんの本「シネマ食堂」をパラパラめくっていて、また観たくなったのでした。


私が「南極料理人」で印象に残っていたのはおにぎりだったのですが、この本だとおにぎりは「かもめ食堂」のメニューとして紹介されています。
逆に「かもめ食堂」でのおにぎりシーン、記憶にないな…そう思うとまたこれも観たくなってしまうのですが。

南極料理人」では、おにぎりと豚汁をすごい勢いで隊員たちが食べるシーンがあります。
おにぎりを割ってこぼれそうなイクラを見る表情、豚汁をかき込んで曇るメガネ、最高です。
日本人ですから、なんだかんだシンプルにこういうのが良いんですよね〜。
あぁ食べたい!

日々食べるということ

堺雅人演じる主人公は、南極で越冬する隊員たちのために料理をつくるのが仕事。
南極という極限状態に置かれた隊員たちにとって、ごはんは癒しだったり、日々の活力だったり。
食べることって大事だな〜と思わせてくれる映画。

そんな隊員たちのために腕を奮う料理人の努力がまた素晴らしいのです。
豪快な伊勢海老のフライや、南極で麺から作ったラーメン。誕生日にはステーキ。
さすがプロ!という感じで感心してしまいます。

男子ノリ

あとこの映画で好きなところは、男性しかいないことで何だか小学生男子の集まりみたいなノリなところ。
極限だからか、男しかいないし格好つけないからなのか、その辺は定かでないですが。
そんなバカな(笑)というシーンがちょこちょこあって楽しいです。

観るとお腹がすく映画です。
気になる方は下のリンクからどうぞ!

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA