「菊竹珈琲堂」でボリューム満点パンケーキ

  • LINEで送る

天神駅からほど近い場所に、アクロス福岡という公民複合施設があります。
緑を多く配した斬新な建築は、エミリオ・アンバースというアメリカの建築家の構想を元にしたもの。
その地下に昭和レトロを感じる喫茶店「菊竹珈琲堂」はあります。

ボリューム満点!パンケーキ

お昼時な上、アクロス内のイベント参加者っぽいお客さんもいて、ほぼ満席の店内。
ランチセットもありましたが、私が食べたかったのはパンケーキです。
フルーツ、小倉、と種類はありましたが、しっかりお腹を空かせていたので一番ボリュームのありそうなチョコバナナをチョイス。
意外としつこくなく、ペロリといけました。

クリームはもちろんホイップ

コーヒーにつくクリームはもちろん、ホイップクリームです。
福岡の喫茶店ではおなじみ。
ちなみに右下に見切れてますが、チョコとシロップたっぷりでもバター付きです。
VOCマークの伊万里焼の復刻と思われるカップも好感がもてますね。

オリジナル会計伝票に昭和感

昭和レトロな喫茶店に行くとよくありますが、オリジナルの会計伝票にもほっこり。
次は本店に行って自家製ケーキを食べてみたいと思います。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA